ActivePerl の配布元から過去のヴァージョンを入手する方法

ActivePerl最新版のバイナリ過去のリリース は、ActiveState から入手できます。

最新版のバイナリ

http://www.activestate.com/activeperl/downloads より入手可能です。

古いヴァージョン

http://downloads.activestate.com/ActivePerl/ より入手可能でしたが、現在では削除されているようです。
Internet Archive公開当時の記録 が残っています。

余談

CPANPerl binary distributions ("ports") ページでは、JPerl などの懐かしい名前も見ることができます。

話は変わりますが、NIVOSIdE.jp は WebARENA Suite2 でスタートし、途中 XREA を併用しながら WebARENA SuiteX へ移り、CORESERVER.JP に乗り替え、現在に至ります。
利用するサーバを変えるたびに、サーバ間の環境の違いを吸収するための手直しが発生しているのですが、遠くない将来に、Perl 6 を含む次世代の環境に対応しなければならなくなったとき、一体どうなってしまうのか! ……不安でもあり、でもちょっとだけ楽しみでもあります!?

しかし、本当に小さな趣味レベルのコードでこれですから、業務で触らなければならない方々の苦労は想像するだに恐ろしい……。

そんな事情で仕方なく、様々なヴァージョンの Perl と戦わなければならなくなったとき、環境構築にかかる時間を少しでも短縮することにつながれば。
このページは、そんな気持ちで公開しています。


Powered by NIVOSIdE

今後 Google Analytics によるアクセス解析に記録を残さない