本の新着情報 - 4コマ漫画ファンが運営する検索サイト。

検索:

浅田 次郎さんのお仕事情報 | 本の新着情報β

  1. 作家別の新着情報
    浅田 次郎 浅田次郎 ながやす 巧/浅田 次郎 浅田 次郎 浅田次郎/ながやす巧 芥川龍之介、開高健、中島らも、内田樹、松浦寿輝、古井由吉、夏目漱石、久世光彦、浅田次郎、荒川洋治、原田宗典、米原万里、吉田健一、丸山薫、佐藤春夫、杉本秀太郎、澁澤龍彦、安西水丸、あさのあつこ、他 浅田 次郎/吉岡 忍 浅田 次郎/奥田 英朗 あさだりん/新井陽次郎
  2. 出版社別の新着情報
    集英社 講談社 ホーム社 埼玉福祉会 小学館 文藝春秋 KADOKAWA 新潮社 キノブックス 毎日新聞出版 双葉社 PHP研究所 幻冬舎 偕成社
  3. 本の新着情報トップ

2018年11月19日発行

表紙
壬生義士伝 8 »
価格:745円(税込)

著者:ながやす 巧/浅田 次郎
出版社:ホーム社

2018年10月05日発行

表紙
わが心のジェニファー »
価格:810円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:小学館

2018年09月28日発行

表紙
天子蒙塵 第四巻 »
価格:1,728円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:講談社

2018年09月07日発行

表紙
作家たちのオリンピック »
価格:928円(税込)

著者:浅田 次郎/奥田 英朗
出版社:PHP研究所
人気作家七人の手にかかれば、こんなに意外なオリンピックの魅力が見えてくる!-オリンピックは出場選手だけのものではない。誘致に名乗りを上げる地域や主催団体、現地で観る人やテレビを通しての観客、そして興味の有無にかかわらず国を挙げた一大イベントに影響を受ける者たち…。熱い感動作から世相を絡めた風刺的な作品まで、本書のための書き下ろしや書籍未収録作を含む、前代未聞の傑作アンソロジー。

2018年06月21日発行

表紙
天子蒙塵 第三巻 »
価格:1,728円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:講談社
運命に導かれ、それぞれの楽土を目指せ。満洲の怪人・甘粕正彦、男装の麗人・川島芳子、欧州に現れた吉田茂。昭和史最大の事件「日中戦争」前夜、大陸に野望を抱き、夢を掴もうとする者たちが動き出す。そして、希望の光をまとい、かつての英雄が中原のかなたに探し求めた男がついに現れた。その名はー。

2018年06月08日発行

表紙
降霊会の夜 »
価格:756円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:文藝春秋
初老の“私”は、嵐の夜に出会った女から降霊会に招かれる。そこで再会した今は亡き人々。その中にはある理由から記憶の片隅に押しやっていた幼い友達がいたー。更に私は翌日も再訪するよう誘われる。会わねばならぬ人々のために。戦後という時代に取り残された者たちへの鎮魂歌として著者が贈る極上の怪異譚。

2018年03月14日発行

表紙
Applause MAKAZE Suzuho »
価格:3,240円(税込)

アーティスト:宝塚歌劇団
発売元:(株)宝塚クリエイティブアーツ

2018年02月28日発行

表紙
長く高い壁 The Great Wall »
価格:1,728円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:KADOKAWA
1938年秋。流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていた。だが、突然の要請で前線へ向かうこととなる。検閲班長の川津中尉と共に、北京から半日がかりで辿り着いた先は、万里の長城、張飛嶺。そこで待っていたのは、第一分隊10名が全員死亡という大事件だった。なぜ、戦場に探偵作家が呼ばれたのか。10名は戦死ではないのか!?分隊内での軋轢、保身のための嘘、軍ならではの論理ー。従軍作家の目を通し、日中戦争の真実と闇が、いま、解き明かされる。「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは何かを真摯に捉え、胸に迫る人間ドラマ。

2018年01月31日発行

表紙
もうすぐ絶滅するという煙草について »
価格:1,620円(税込)

著者:芥川龍之介、開高健、中島らも、内田樹、松浦寿輝、古井由吉、夏目漱石、久世光彦、浅田次郎、荒川洋治、原田宗典、米原万里、吉田健一、丸山薫、佐藤春夫、杉本秀太郎、澁澤龍彦、安西水丸、あさのあつこ、他
出版社:キノブックス
作家と煙草、ユーモアとペーソス溢れる42篇!

2018年01月17日発行

表紙
ペンの力 »
価格:820円(税込)

著者:浅田 次郎/吉岡 忍
出版社:集英社
戦後七〇年間、暗黙のうちに、政治的な立場を表明せずに中立を保つことが作家のとるべき理想的態度とされてきた。だが、特定秘密保護法案やいわゆる「共謀罪」が可決され、言論の自由が岐路に立たされつつあるいま、「政治と文学」をめぐる従来的なスタンスは根本から問い直されている。閉塞感にあふれた「もの言えぬ時代」の中で、日本ペンクラブ前会長・浅田次郎と現会長・吉岡忍が、もはや絵空事とはいえなくなった「言論弾圧」の悪夢に対して警鐘を鳴らした緊急対談。

2017年12月14日発行

表紙
神坐す山の物語 »
価格:640円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:双葉社
白と黒の山狗が連れ立って現れるような場所にある、奥多摩・御嶽山の神宮屋敷ーそこで物語られる怪談めいた夜語り。著者が少年だった頃、伯母から聞かされたのは、怖いけれどもなぜか惹きこまれる話ばかりだった。切なさにほろりと涙が出る、浅田版遠野物語ともいうべき御嶽山物語。“特別収録”ロング・インタビュー「物語が生まれる場所」。

2017年11月28日発行

表紙
おもかげ »
価格:1,620円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:毎日新聞出版
浅田文学の新たなる傑作、誕生ー。定年の日に倒れた男の“幸福”とは。心揺さぶる、愛と真実の物語。

2017年11月13日発行

表紙
霧笛荘夜話 新装版 »
価格:691円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:KADOKAWA
とある港町、運河のほとりの古アパート「霧笛荘」。法外に安い家賃、半地下の湿った部屋。わけ知り顔の管理人の老婆が、訪れる者を迎えてくれる。誰もがはじめは不幸に追い立てられ、行き場を失って「霧笛荘」までたどりつく。しかし、「霧笛荘」での暮らしの中で、住人たちはそれぞれに人生の真実に気付きはじめるー。本当の幸せへの鍵が、ここにある。比類ない優しさに満ちた、切ない感動を呼ぶ7つの物語。

2017年10月28日発行

表紙
ブラック オア ホワイト »
価格:680円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:新潮社
「どうぞお試しくださいませ。ブラック・オア・ホワイト?」スイスの湖畔のホテルで、バトラーが差し出した二つの枕。パラオ、ジャイプール、北京、そして京都。エリート商社マンに人生の転機が訪れる度に、黒と白の枕が現れる。悪夢、それとも美しい夢。それは、実現しなかった人生の一部分なのか。夢と現の境は曖昧になり、夢が現実を呑み込んでいく。現代日本の実像に迫る、渾身の長編小説。

2017年08月04日発行

表紙
日本の「運命」について語ろう »
価格:540円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:幻冬舎
日本の未来を語るには、歴史を知らないと始まらない!特に現代生活に影響を与えているのは江戸以降の近現代史。「アメリカのペリー来航が一週間遅ければ国際関係は全く違っていた」「第二次世界大戦終結後にもソ連との戦闘は続いていた」等、秘話満載。歴史という過去を見つめ続けた小説家がこれからの日本が歩むべき道を照らす、現代人必読の書。

2017年06月14日発行

表紙
竜宮城と七夕さま »
価格:1,512円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:小学館
100万ドルに値する体験をした!“浦島太郎が食べたご馳走と、滅多に会えない織姫と彦星の恋の行方に想いを馳せる”表題作ほか、爆笑と感動と法悦の極上エッセイ集。JAL機内誌『SKYWARD』人気連載エッセイ「つばさよつばさ」単行本化。

2017年04月04日発行

表紙
壬生義士伝(コミック版) 1-6巻セット【特典:透明ブックカバー巻数分付き】 »
価格:3,758円(税込)

著者:浅田次郎/ながやす巧
出版社:集英社

2017年03月17日発行

表紙
世の中それほど不公平じゃない 最初で最後の人生相談 »
価格:583円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:集英社
フランスで金髪美女を彼女にしたい。うつ病が辛い。結婚ってなぜするの?競馬の極意を教えて。恋愛、家族、仕事の悩みからバクチの極意まで。10代〜70代の幅広い層から寄せられた様々な相談を、海千山千の直木賞作家“次郎”と新米編集者“太朗”がズバリ解決。今の世の中では意外とチャンスは平等に与えられている。週刊プレイボーイ誌上で話題を呼んだ、浅田次郎最初で最後の人生指南書!

2017年03月16日発行

表紙
壬生義士伝 7 »
価格:626円(税込)

著者:ながやす 巧/浅田 次郎
出版社:ホーム社

2017年01月06日発行

表紙
黒書院の六兵衛 上 »
価格:734円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:文藝春秋
江戸城明け渡し迫る中、開城のため、官軍のにわか先遣隊長として、送り込まれた尾張徳川家・徒組頭の加倉井隼人。勝安房守に伴われ宿直部屋で見たのは、無言で居座る御書院番士だった。ここで悶着を起こしては江戸が戦に。腕ずくで引きずり出してはならぬとの西郷隆盛の命もあり、どうする、加倉井。奇想天外の傑作ここにあり。
表紙
黒書院の六兵衛 下 »
価格:734円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:文藝春秋
御書院番士・的矢六兵衛はもとの六兵衛にあらず!?正体を探る中見え隠れする的矢家の事情。その間も六兵衛は、次第に居座る部屋を格上げし、ついに最も高貴な御座敷、黒書院へ。果たして六兵衛は何者なのか?天朝様ご到着まであと数日ー。笑って泣いて物語は感動の結末へ。比類なき武士の物語ここにあり。

2016年12月16日発行

表紙
壬生義士伝 6 »
価格:626円(税込)

著者:ながやす 巧/浅田 次郎
出版社:ホーム社

2016年12月07日発行

表紙
天子蒙塵 第二巻 »
価格:1,728円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:講談社
父・張作霖を爆殺された張学良に代わって、関東軍にひとり抗い続けた馬占山。1931年、彼は同じく張作霖側近だった張景恵からの説得を受け、一度は日本にまつろうがー。一方、満洲国建国を急ぐ日本と、大陸の動静を注視する国際連盟の狭間で、溥儀は深い孤独に沈み込んでいた。

2016年12月06日発行

表紙
パリわずらい 江戸わずらい »
価格:615円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:小学館
超多忙作家が国内外で遭遇した抱腹絶倒の出来事から、身辺に起こる驚きと感動のエピソードまで絶妙の筆致で描く傑作エッセイ集。温泉場での仰天と脱力を赤裸々に描いた『話にもなりませんわ』、軽井沢の別荘に出現した謎の生物とは?『招かれざる客』、ナポリでナポリタンを追い求め亡き父を思う『多様性と二者択一』、ラスベガスでマイケル・ジャクソンとまさかの邂逅を遂げる『袖振り合うも多生の縁』、パスタとスイーツの本場でダイエットは続行できるのかを検証する『イタリアン・クライシス』ほか旅と食と感動が満載の全40篇。人気連載の単行本化第3弾。

2016年11月21日発行

表紙
まっしょうめん! »
価格:972円(税込)

著者:あさだりん/新井陽次郎
出版社:偕成社
海外赴任中の父の発言がきっかけで成美は剣道教室に通いはじめる。そこには、大きくてやさしい石田くん、ちょっと意地悪な浩次郎くん、クールな美少女茜さん、そして剣道ひとすじの監督がいた。心と体にむかいあう、さわやか剣道小説。小学校高学年から。

2016年10月27日発行

表紙
天子蒙塵 第一巻 »
価格:1,728円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:講談社
清朝最後の皇帝・溥儀は、紫禁城を追われながらも、王朝再興を夢見ていた。イギリス亡命を望む正妃と、史上初めて中華皇帝との離婚に挑んだ側妃とともに、溥儀は日本の庇護下におかれ、北京から天津へ。そして、父・張作霖の力を継いだ張学良は失意のままヨーロッパへ。二人の天子は塵をかぶって逃げ惑う。ラストエンペラー・溥儀と二人の女。時代の波に呑み込まれた男女の悲劇と壮大な歴史の転換点を描く。

2016年08月19日発行

表紙
天切り松 闇がたり 5 ライムライト »
価格:604円(税込)

著者:浅田 次郎
出版社:集英社
チャールズ・チャップリンがやってくる!!昭和七年五月、日本中が彼の来日に沸くなか、安吉一家の耳に驚くべき噂が飛び込んできた。チャップリン暗殺ー。信念を持つこの稀代の芸術家を殺させてなるものか。世間を混乱させることなくテロリストの魔の手を振り払うため、いなせな夜盗たちが東京の街を所狭しと走り回る。表題作ほか全六編を収録した大人気“天切り松”シリーズ待望の第五巻。

2016年08月12日発行

表紙
五郎治殿御始末 »
価格:3,564円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:埼玉福祉会

2016年08月11日発行

表紙
憑神(上) »
価格:3,240円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:埼玉福祉会
表紙
憑神(下) »
価格:3,240円(税込)

著者:浅田次郎
出版社:埼玉福祉会

<<最初へ ... <前へ 1 2 3 4 次へ> ... 最後へ>>
1件 - 30件を表示 (全 417件)

2018/09/23 14:39:13 更新

全商品 >> CD DVD 雑誌

Supported by 楽天ウェブサービス

このサイトで掲載されている情報は、本の新着情報 の作成者により運営されています。
価格、販売可能情報は、変更される場合があります。
購入時に楽天市場店舗 (www.rakuten.co.jp) に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

Powered by NIVOSIdE